HOME>特集>下肢静脈瘤は実績のある病院での手術で改善できる

下肢静脈瘤は実績のある病院での手術で改善できる

医師

墨田区の内科で行える治療

墨田区の内科では、さまざまな治療を行うことができます。日常生活の中でかかりやすい病気の治療はもちろん、各種免疫療法や、脳動脈瘤や下肢静脈瘤の手術に対応することも可能です。日常的に通院しやすい範囲で、頼りになる医師を見つけることができるでしょう。

脳動脈瘤と血栓の違いとは?

こぶができる脳動脈瘤

脳動脈瘤では、血管から飛び出すようにして「こぶ」ができるという特徴があります。こぶが大きくなれば破裂や圧迫によるリスクが大きくなってしまいます。

血管がつまる血栓

対して血栓とは、血管内部に血の塊ができて、血液の通り道が狭くなることで引き起こされる「つまり」のことを言います。血管がつまれば、当然さまざまな問題が生じてしまいます。

ガンに対する免疫療法の効果

ガンに対する治療法はいくつかありますが、手術で取り除くほか、放射線や抗ガン剤を使った化学療法などが一般的です。免疫療法は自身の体に備わっている力を活用したもので、ガンを抑制したり消滅させたりすることができるとされています。

下肢静脈瘤の手術の流れ

診察券

治療を受けるクリニックを受診する

下肢静脈瘤の治療を検討し始めたら、この病気に詳しいクリニックを受診する必要があります。墨田区内でも評判の良いクリニックを選択しましょう。

状態の把握と手術日の決定

担当医師の診察を受け、状態をチェックしてもらいます。下肢静脈瘤の状態によっては、手術以外の治療法を勧められる可能性も。手術が必要な場合には、手術日を決定します。

当日の事前準備

当日、クリニックに来院したら、手術のための事前準備を行います。超音波検査での手術部位確認や必要なモニター類の取り付け、麻酔薬の投与などがこれに当たります。

手術の実施

準備が整ったら、いよいよ手術がスタートします。目立つこぶを取り除いたら、手術は完了します。手術時間はだいたい40分前後が目安となります。

術後のケア

術後は包帯を巻き、1時間ほど休んだのちに帰宅が可能です。手術後にある程度の期間をおいて、傷の具合をチェックしてもらいます。